もしかして自分がEDだったときのことは想像したことありますか?完全に勃起しないことのみがEDではありません。勘違いされがちなEDの定義やもしEDになったらどうするかなどの対処をこちらで紹介したいと思います。

EDの定義とは?

EDの定義は勃起しないことになります。またただ勃起しないだけではなく、勃起力が弱いときもEDの範囲内であり、それは性行為の途中で中折れするような場合もその定義に入ります。よく勘違いされるのは、精力が足りないから勃起が起きないと言うことです。もちろんその論理は正しいのですが、精力減退による勃起とは分けて考えるようにしてください。そのケースであれば精力増強で男性の悩みを解決できますが、EDの場合は精力を満たしても改善しません。精力剤を試してみたけれど、まったく効果がない場合はEDを疑うようにしましょう。

EDの種類はさまざまです。心理的に傷ついて勃起をしなくなるケースもあります。それは心因性といって、その原因を取り除くことで改善します。パートナーから早漏であることを指摘され、性行為をするのが臆病になり、それが原因で勃起しないのであれば心因性が疑われます。また器質性といって身体の変化によって勃起がしないことも。高血圧や糖尿病とEDは密接な関係があり、それが原因で勃起不全になることもあります。あとは外科手術や事故によって神経や血管を損傷し、それが原因で勃起不全になることもあります。その他には薬剤性もあり、これは高血圧や糖尿病、精神安定剤や睡眠剤で勃起の力が弱められてしまうこともあり、医薬品が直接的な原因になっています。

どれが自分に当てはまっているのかはなかなか判断することができませんので、勃起に対して不満を持つのであれば、医師に相談することをおすすめします。治療薬を服用することで、勃起の改善に期待を持てることがあります。ただし原因を排除しない限り、勃起不全は治りませんので、そのことは考慮して、原因排除に尽力するのが良いでしょう。

▼自分に合うED治療を見極めよう
ED治療を始めよう
▼出来るだけお安くEDを克服したいならばこれがおすすめです
カマグラ 通販
▼36時間と言う効果持続時間が非常に長いのが特徴のED治療薬です
シアリス