もしかして自分がEDだったときのことは想像したことありますか?完全に勃起しないことのみがEDではありません。勘違いされがちなEDの定義やもしEDになったらどうするかなどの対処をこちらで紹介したいと思います。

EDの時は治療ガイドラインを妻に理解してもらうこと

EDになった時はパートナーである妻の理解が大切になります。妻の理解がないと、この病気の治療は進みません。ED治療のガイドラインがネット上に公開されているので、それを見てもらうのは良い方法です。ガイドラインにはEDについての詳しいことが書かれています。例えば、この病気になった時に病院でまず行われるのは問診のみで、触診はありません。このようなEDをめぐるいろいろな事実が書かれているので、それをパートナーが読めば、EDに対する偏見を取り除くことができます。
この病気になったら、薬を一定期間使用することがあります。医薬品なので、多少の副作用が出る可能性はあります。しかし、深刻な副作用が出ることはめったにありません。副作用は出ないのですが、偏見から副作用が怖いと思っている人が多く存在します。自分のパートナーである妻も副作用を恐れて、夫が薬を飲むのを嫌がる可能性があります。そんな時は、ガイドラインを読んでもらうようにすれば、副作用がほとんどないことが分かって安心できるでしょう。
EDになってしまったら、恥ずかしがらずに病院で治療を受けるのが良い方法なのですが、それを嫌がる人の数は多いです。医師の団体がこの病気のガイドラインをまとめたのは、この病気に対する偏見や誤解を少なくするためでもあります。ガイドラインの中には普通の人が知ることができない事実も多くまとめられています。全部まとめて読むのは大変ですが、少しずつ読んでいけば理解が深まります。理解を深めて、パートナーである夫を慰めれば、EDの状態が改善するきっかけになることもあります。この病気は心理的なことが原因になることも多いので、パートナーとの心のつながりは大切です。